さよならお母さん、ありがとう老寿サナトリウム

カテゴリー 日常0件のコメント


昨年11月、大阪の母が鬼籍に入った。

2010年のはじめにタチの悪い胆管ガンが見つかり、
本人の希望で、ひととおりのガン治療は受けた。

足の痺れ、倦怠感は訴えていたものの、数年は、なんとか一人で暮らしていた。
そして2017年の春、軽い肺炎に罹り、
日頃お世話になっている総合病院に軽い気持ちで入院した。
数日で帰るつもりだった。

深夜、トイレに立って転倒。大腿骨を骨折。
老人のよくあるパターンのようだ。

骨折の手術を受け、本人はリハビリを頑張り家に帰るつもりだったが、
傷が膿みはじめ、リハビリができなくなった。
免疫力が低下していたのだろう。

数週間経過し、傷は治らないが、肺炎の症状はなくなったので、
リハビリに力を入れている、
老人ホームも併設している少し規模の小さな病院に
転院することになった。
転院後、やっぱり傷は治らず、ほぼ寝たきり状態となった。

そして、同じ部屋の同年代の人たちと同じように、
痴呆の状態になっていった。

高齢者ばかりとはいえ、
リハリビに力を入れている病院であって、老人ホームではないので、
出来るだけトイレに自力で行けるように、とか、
ごはんは出来るだけ食堂で、といったケアはない。

そんななか、様子を見に行ってくれている
実家のすぐ近くに住む姉が、
日々、ボケていく母の様子に心を痛めている様子なので、
「ボケる」「老人」「ケガ」というキーワードでググってみた。

そして、このページを見つけた。
●「後期高齢者が入院で悪くなる理由」

>「日慢協」に入会している慢性期病院は、以上のことにとっても理解がある。
>というより、とてもよく勉強しているので、
>以上の話※に当てはまらない病院が多い。
>※以上のとは、ボケさせる病院

ここに書かれた
「日慢協」のページで老寿サナトリウムに決めて、
転院してもらうことにした。
リハビリはあきらめた。ガリガリに痩せ、娘の私の名前も曖昧。
リハビリできる状態ではなくなっていた。

慌ただしく老寿サナトリウムを訪れ、受け入れをお願いしてから、
入院中の病院のナースステーションに転院を伝えた。
「ザワザワ」っとしたが、院長先生が出てきてくださり、
しばらくお話した。
転院を快諾してくださった。

転院当日。小さな孫の手を握りながら、車で移動した。
嫌がるそぶりはなかった。
頭がはっきりしていたら、
自宅から遠い病院への転院は拒否したことだろう。

病院側からは、趣味、好きな食べ物、などのアンケートをしていただいた。
そして、編み物のセットを姉が持ち込んだ。
老人ホームのような、レクリエーションもあるようだった。

一週間後、お見舞いに行った。
日々、やさしく声をかけてもらい、
食堂で座って、ごはんを食べさせてもらっている母は、
ずいぶんと元気になったように見えた。

これから、ここにお見舞いに通うんだな~。
愛知から運転できるかな~なんて、考えた。
そして、その数日後の金曜日、亡くなった。

葬儀には、ご近所さんがたくさん来てくださった。
「老寿サナトリウム、良い病院だよね。よく見つけたね」
と、言っていただけた。

老寿サナトリウムの皆さんには、本当にお世話になった。
入院時、かなり衰弱していたにもかかわらず、受け入れてくださり、
本当に、感謝している。

さよなら、お母さん。
ありがとう、老寿サナトリウム。

高齢のご両親をお持ちのみなさん、
●「後期高齢者が入院で悪くなる理由」
を読んでみてくださいね。