鞍馬へGO

カテゴリー 日常3件のコメント

f20081205.jpg
先週、行ってきました、鞍馬山。4回目か5回目の訪問です。
鞍馬は天狗と牛若丸とUFOで有名。
所謂パワースポット、スピリチュアルスポットでございます。
以前、髪を切ってもらった美容師さんのお客さんの知り合い、
つまり、私とは縁もゆかりもない、まったく知らない人が、
足が悪く、杖をついて参られたのに、
帰りは杖が不要になって、しゃんと歩いて帰ったそうです。
ほんまかいな。
まったく、霊感の類は持ち合わせていないので、
超常現象や特別な何かを感じることはありませんが、
京都で軽登山&貴船ではんなり!な感じが楽しいのです。
スタートは叡山電鉄の終点、鞍馬駅です。
同行のSさんが、ネットで調べてきてくれた
「杉々堂」で山椒餅と大福を2つずつ購入。
販売はおばあちゃん主導できりもりされているようで、
おじいちゃんがお餅を包んでくれました。
昔ながらの風情のあるお店です。
良いお天気のなか、暑い暑いといいながら歩いていたら、
あっと言う間に本殿に着きました。
ランチの時間です。
わたくし作のペッシャンコのツナサンドとみかん。
そして、お楽しみの山椒餅。
ピリリと美味しかったです。
電車から一緒だったカップルが、すぐ近くで同じくランチをしてはりました。
バーナーで、お湯を沸かして、どんべい&ビール。
・・・めっちゃ、うらやましい。
お参りして、下山。途中で、思い出しました。
降りるのに、けっこう時間がかかるのです。
逆ルートで昇ってきはるご婦人方に
「こんにちは~」と何度行ったでしょう。
時には手すりを持ちながら、エッチラオッチラ貴船に到着。
つぎは、またまたSさんが調べてきてくれた
「水占(みずうら)みくじ」を貴船神社で引いてみました。
大吉。やったね~。
しかしながら、ビチョビチョで持って帰るわけにもいかず、結びました。
ちょっと離れたところにある、結社にもちょっと寄って、貴船駅へGo。
案内によると駅まで2kmです。
川沿いのアスファルトの道なのでラクチン。
道幅も広くて明るくて清々しい下り坂です。
鞍馬にきたら、この道を歩くのが一番好きです。
おつぎは叡山電車の岩倉の「岩倉実相院」。
こちらもまた、駅から1.5kmと結構歩きます。
雑誌「和楽」に載ってい
アンダーラインた、「床紅葉」が目当てでしたが、
もみじの盛りが過ぎていたので、ホームページに掲載されているような
真っ赤な床は拝めませんでした。
とはいえ、なかなかステキなお庭でした。
新緑の季節の「床緑」を楽しみに待つとしましょう。
http://www.jissoin.com/guide/index.html
駅に戻り、つぎは一乗寺で下車。目的は恵文舎です。
9年ほどまえ、同行のSさんとHさんと3人でフリーペーパーを作っていました。
「手書きのコピー新聞&プリントごっこポストカード」という、
アナログな作りのものでした。
京都に良い本屋さんがあるということで、恵文舎さんにも置いてもらってたのです。
なつかしいなー。
あまりに疲れていたので、偶然みつけた可愛い喫茶店「ツバメ」でお茶してから、
本・雑貨を1時間ほど物色。
出町柳まで戻り、三条で降りて、晩御飯。
トンカツのかつくらです。
京都でお店に迷ったときは、かつくら。迷わなくても、かつくら。
四条まで歩き、阪急電車でおかえりやす。
10kmほど歩いたでしょうか。
このあと、2・3日はふくらはぎが取れるかと思うぐらいに痛かったです。

鞍馬へGO” への3件のフィードバック

  1. せっかくのαの写真、もっとでっかいのがほしかったっす。。。
    ところで、うらやましいのはカップルだからか、それともどんべいなのか、ビールなのか・・・・?w

  2. ご無沙汰しております!
    おやおや! なんと興味を引くタイトルばかりじゃないですか〜
    「ピカソ展」「カモメ食堂」「鞍馬」ですか〜
    全部が私の“ツボ”にはまってますよ。
    ピカソ展と言えば 私が中学生の時代 どうしても見てみたくて
    母親と京都の美術館まで見に行った思い出が・・・。
    鞍馬と言えば 私が大学時代 我が母校の最寄りの遊び場で
    よく天狗と枝から枝へ 飛び移りながら鬼ごっこをした思い出が!
    そして カモメ食堂は・・・・今の私たちのお店の有る意味モデル店です!
    私も ビデオですが しっかり見ましたよ〜 テレビのCMで
    何となく気になって レンタルビデオ屋へ走りましたから〜。
    そうそう!年賀状ありがとうございました!
    早めの ご来店お待ちしております〜笑。

  3. モノづくりオタクさま
    鞍馬が遊び場とは、恐れ入りました~。
    お店、カモメ食堂がモデルですか!
    ぜひとも見学させていただかなくてはいけません。
    あまり使えていなカメラを持ってお伺いしま~す。

コメントは受け付けていません。