献血と狂牛病

カテゴリー 日常0件のコメント

GW最終日、自営業のわたしにはあまり関係のない大型連休ですが、
一日じゅう家に居るのも良くないので、西宮北口まで出てました。
まずはSHIOSAI(絵本とカフェ)で軽い昼食を食べ、絵本を購入。
『からすのパンやさん』。かこさとしさんの本です。
ほんとは『だるまちゃんとてんぐちゃん』が欲しかったのですが、売り切れてました。
2つの本の共通点は、家族がすごく仲良しで協力的なこと。
そして、ある物の、いろいろなバリエーションがでてくることです。
『だるまちゃんとてんぐちゃん』なら帽子。
ナポレオンから、年賀状のサルが被っている帽子まで。ワクワクします。
『からすのパンやさん』なら、もちろんパン。
コップパン、たいこパン、だるまパン、チューリップパン・・・
単にその形を模しているだけで、少々ムリヤリ感もありますが、
たーくさんあって、見ているだけで楽しい。
気分が良いので、
ちょっといいことでもしようと献血ルームに行ったら、お昼やすみ。
ジュンク堂で時間をつぶして、受付してもらうと
「1980年~1996年 イギリス滞在歴通算1日以上」の人は
献血できないとのこと。1日ですよ。たったの1日でもペケ。
わたしは1994年あたりに2泊しただけです。
もちろん血のしたたるようなローストビーフなんて、
いただいておりません。うーん、なんだか哀しい。
「絶対!・・・いや多分大丈夫やから、もらってぇ~。」
こんど、焼肉食べに行く予定があるんですけどね、
参加予定のTさんがアメリカの牛肉を使っているか
お店にきいてほしいとのこと。
わたしの正直な気持「一回ぐらいの外食、ヤイヤイ言わんでエエやん」。
どう考えても和牛を使ってるとは思えない
店構えと価格のお店に、ケンカ売ってるみたいでしょ?
しかし10年前イギリスで2泊しただけで献血を断られるのに、
アメリカからの牛肉は輸入再開・・・。
毎日お店で○丼を食べてても、
海外旅行の経験がなければ献血できるんでしょ?
ほんまに、大丈夫なんかいな~。
まぁ、焼肉は食べに行きます。
ふだん、牛肉食べてないから大丈夫です。岩盤浴で悪いもん出します。
ほんまに、大丈夫なんかいな・・・。