日本のへそは遠かった!

カテゴリー アート・音楽・その他2件のコメント

heso.jpg
西脇市の岡之山美術館に行ってきました~。
横尾忠則大先生の作品を中心に所蔵している美術館です。
これがねぇ、めちゃ遠いんです。
先週オープンした「さくら夙川駅」で乗車、
芦屋で新快速に乗り換え50分ほどで加古川。
加古川から加古川線に乗り換え西脇市駅、単線に乗り換えて
美術館のある「日本へそ公園」駅下車。こちらも約50分。
乗り換えを含め合計2時間ほど・・・遠い!
「日本へそ公園」駅についたのは10時すぎ。
降りたのは私たち以外に、若いカップル、熟年カップルだけでした。
美術館は駅前にあります。駅前には他になにもありません。
若いカップルも美術館に訪れたらしく、彼らに続いて入場しました。
オープンの10時は過ぎていましたが、
私たちが入場したときに電気をつけてはりました。
かなり、のんびりしています。
美術館では「TADANORI YOKOO Y JUNCTION 展」が開催中。
横尾先生は最近、Y字路、こちら見て二股に別れた路を中心に描かれているようです。
その多くが夜の古びた町。非常に暗いです。
暗さが不安をあおる一因ではありますが、Y字路それ自体がかなり怖い。
右に行くか、左に行くか。どちらに行けば幸せになるのか。
どちらに行っても、またひとつの路になり、その路は地獄につながっている予感がします。
デビット・リンチの「マルホランド・ドライブ」の怖さに似て、とても魅力的。
岡之山美術館
美術館のあとは、近くのレストラン「花屋敷」でチキンカツを食べました。
熟年層を中心にかなりの賑わい。西脇市のオアシスとなっているようでした。
お腹がいっぱいになったところで、2時間に1本の単線で加古川に戻り、
西に進んで姫路城見学。
世界遺産の姫路城はもちろんすばらしかったですが、
駅からお城につづく商店街がイイ!
オシャレな服屋さん・雑貨屋さんが沢山。
そしてグっとくる昔ながらの風情を残した食堂も何件か見つけました。
お車で行かれるかたも是非、お立ち寄りください。
交通費はさくら夙川駅から日本へそ公園まで1600円ほど。
今回の交通費は4000円近くかかるところですが、18切符で節約しました。
まだ残っているので、消化試合、信楽あたりに行こうかと考え中です。

日本のへそは遠かった!” への2件のフィードバック

  1. 消化試合楽しみです。。姫路商店街のアクセサリーを購入できる大人になりたいです。

  2. 切符、もってるやんな~?
    捨ててもた!ってことないやんな~?
    ひそかに心配しています。
    アクセサリー屋のオーナーさん、ドがつくほどお洒落やったね。昭和紳士風?あっこまでいくとコスプレに近い。気合に敬服いたしました。

コメントは受け付けていません。