学生気分

カテゴリー 日常4件のコメント

これから1年、週1回2時間だけですが、
神戸元町にある絵本教室の生徒になります。
20070509.jpg
▲教室の入っている素敵なビル
きのうが第1回目。
それぞれ、自己紹介と好きな絵本の紹介をしました。
お母さんの方、お孫さんのいらっしゃる方、
遠方から来られている方など、
みなさん、お忙しいなか時間を作ってこられるようで、
「作るぞ~」という、すごく熱い想いが伝わってきました。
目頭が熱くなるお話もありました。
三宮で少し買い物をして、
ちょっと疲れて自宅の最寄駅から歩いていると、
コインパーキングに車を入れつつある女性がこっちを見ています。
「こんなことってあるんですね~!」
同じ教室の生徒さん・・・いやビックリ。
絵本紹介で、センスのある解説をしてた女性です。
これも何かのご縁、つぎは隣に座らせていただこうと思います。
講師は市居みか先生でした。
●市居みか先生のページ
http://www.geocities.jp/ichiipk/index.html
先生の絵・・・どこかで見たゾと思ったら、
奈良の天然酵母パンお店「樸木(あらき)」のロゴは先生の作品でした。
ホームページを拝見するとお友達どうしのご様子。
チャイ工房さんにいただいたのが樸木のパンとの出会い。
天然酵母のパンってすごく美味しいな、と初めて思った記念すべきパンです。
後日、法隆寺に行ったときに駅前で自転車を借りて、
少し駅から離れたお店にランチに行きました。また行きたいなぁ!

学生気分” への4件のフィードバック

  1. 絵本の教室って荒井良二さんなんかも講師で来られる授業のやつですか?
    私の頭の中では、子供と犬がお互いの足を引張りあいながらも楽しく冒険をする絵本をつくりたいなぁ~。。。
    なんて思いながらも、なかなかアホな絵一つも描けません。
    子供がいるから描けない!!なんて理由ではなく単にボンクラなだけです。
    絵本出来上がったら読ませてよ~。

  2. そうです。荒井先生も講師の教室ですよ~。
    アイデアを紹介なんかしたらアカンよ~。もらうよ~。
    このまえFさんと喋っててんけど、わたしには「遊び」というもんがないという結論に達しました。ブレーキやアクセルの「遊び」ね。
    頭がカチカチで0か10、イエスかノー。とにかくオモンナイ人間やねん。子供のとき、母親にも「あんたには冗談が通じない」ってせめられました。ま、私のお母さんが言うことやから、その冗談は今聞いても、全然面白くないと思うんやけどね。
    とにかく、今のままでは生真面目でツマラン絵本が出来そうなので、なんかこう、人間の幅が広がるようなことをしていきたいと思います。←そこがオモンナイねんな。
    この一年は遊びの天才のゆみこさんに、メールを通じて頭の体操をさせていただきたいと思います。

  3. 絵本のことはあまり知らないんですけど、佐野洋子さんの「100万回生きたねこ」と、マーガレット・ワイルド文&ロン・ブルックス絵の「キツネ」という絵本が好きです。
    読むたびにウルルンとなってしまいます。
    今年で31になります。
    しかし僕なんかは想像力貧困で(妄想力はありますが)、非常に頭が堅い人間なので、絵本を描くなんてとてもとても・・・
    キリタニさんの作る絵本は、どんなお話になるのでしょう。
    完成したらぜひ読んでみたいです(゚∀゚)

  4. 「100万回生きたねこ」、泣けるよね~。
    30過ぎてからのようが、ずっと泣く回数が多いです。
    グッとくるスイッチが増えるんやね。サロ君もきっとそうなることでしょう。
    音楽をつくるのって、絵を描くより想像力が必要な気がするんだけど、どうなんでしょ?
    「キツネ」、知らんわぁ~。こんど本屋さんで探します。
    ありがとう。

コメントは受け付けていません。