ブルガリアの日常1

カテゴリー 2件のコメント

ブルガリアの日常をご紹介します。
物価は八百屋さんの野菜が日本の5分の1ぐらいかな。
その他の加工品は2分の1ぐらいでしょうか。
b02.jpg
まずはなんといってもヨーグルト!
やはりスーパーマーケットにはすごい種類のヨーグルトがありました!
「脂肪分」別に色いろあります。
b03.jpg
牛乳がたくさんあるから、さぞチーズも豊富に種類があるんだろう、って思っちゃいますよね。
でもブルガリアで主に製造されているのはこの2種類だそうです。
白いのは塩っからいカッテージチーズみたいな感じです。 ボソボソとしています。
これをのせたサラダが定番。
ドレッシングはかかってなくて、テーブルのお酢と油と塩&ショーで味付けします。
黄色いのはそのままの状態では食べませんでしたが、多分お料理に入っていたと思います。
b01.jpg
これ、指名手配でも、行方不明の方のお写真でもございません。
亡くなった方の写真です。「まだアナタを忘れていませんよ~。」という弔いなんだそうです。
勝手にプリントして、勝手に貼るそうです。いろんなところにペタペタありました!
b04.jpg
人がいないので分かりにくいかもしれませんが、半地下になっています。
どうして半地下なのかは分かりません。
何でも売ってるコンビニのようなもので、お店の人に頼んで商品をとりだしてもらいます。
日本のタバコやさんって感じかな。

ブルガリアの日常1” への2件のフィードバック

  1. お帰りなさい!
    あっと言う間の2週間だったんじゃないでしょうか?
    東欧の雰囲気がほどよく残ってそうですね。
    チーズの種類の少なさにはちょっとビックリです!
    イギリスの方がチーズの種類は豊富だったと思います。
    それと、半地下のお店ですが、私の推測では家賃が
    少し安いのではないでしょうか??
    テレビで似たような話を聞いたことがあります。
    (TV映像ではもっと地下に埋もれてましたが…)

  2. はい~。ほんとにあっという間でした~。
    外国製品のチーズは色いろ売ってるんですよ。一通り。
    でも、国産品は主にこの2種類みたいです。
    たぶん外国製品は高価なので、食べてはるのも主にこの2種類だと思われます。
    >東欧の雰囲気がほどよく残ってそうですね。
    「東欧の雰囲気」・・・集合住宅が「共産主義」でした~。
    あと、首都にある唯一のデパートと。
    その他は「東欧=チェコアニメ」のイメージしかなかったので、よく分かりません。すみません。
    ちなみに流れている音楽は中東テイストでした。
    こちらはまたご紹介いたします。
    >それと、半地下のお店ですが、私の推測では家賃が
    >少し安いのではないでしょうか??
    ほぉ~。そういうことですか。
    お店でなくても、ヨーロッパでは・・・アメリカもかな、半地下って沢山ありますよね。メリットもデメリットも分からないのですが・・・。
    半地下も1.5階も階段がつくので、バリアフリーではなくなることは確かですねぇ。

コメントは受け付けていません。